出会いの旅あっちこっち「夢紀行倶楽部」

アクセスカウンタ

zoom RSS =旅のアラカルト=「あっちこっち」107号

<<   作成日時 : 2009/01/21 09:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

福岡空港国際線出発



 福岡は、東南アジアの玄関口だとよく言われる。

 韓国の釜山までは、三十分、ソウルまでは一時間半、中国の上海も

一時間半で飛んでいけるから、確かに近い。東京、大阪へ行くのと変わらない。

 先日久しぶりに、ソウルに行ってきた。

 出国手続きなどのために、航空会社の搭乗手続きは、二時間前から始まる。

 福岡空港の国際線は、ソウル、台北、上海、シンガポールなど、午前中に

約十便の出発が集中している。

 それぞれの航空会社でチェックインはされるものの、テロ以来、手荷物検査は

とても厳しくなった。

 そのために、出発の二時間以上も前から長蛇の列ができる。やっと列から開放

されたかと思うと、今度は航空会社のカウンターでの順番待ちだ。

 ようやく、パスポートチェックと搭乗券を受け取ることができる。出国手続きに進

むのはそれからだ。

 福岡空港の出国手続きの入り口は、二カ所しかない。

 ここでは、ポケットのライター、携帯電話、キーホルダーなど金属探知機に引っか

かるものは、トレーに出して身の回り品の検査を通らなければならない。それほど、

搭乗者のボディーチェックは厳しく、時間がかかるようにった。 

 同じ時間帯の十便の搭乗者が、この二個所に集中するから、手荷物検査の列と

は比べものならない。

 「人を見たら泥棒と思え」ではないが、「人はテロリストになる可能性がある」と決

められているようで、とてもやるせない。

 ただ、「これから旅立ち」という期待と楽しみがあるから、長い列にもジッと耐えら

れるのかもしれない。

 それにしても、東南アジアの玄関口と標榜するには、とてもお粗末だ。

 ハワイ、オーストラリアなどの直行便が無くなった福岡空港は、こんなソフトの部分

の改善も必要だ。(K・M)

     yuekiko@jcom.home.ne.jp

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
=旅のアラカルト=「あっちこっち」107号 出会いの旅あっちこっち「夢紀行倶楽部」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる