出会いの旅あっちこっち「夢紀行倶楽部」

アクセスカウンタ

zoom RSS 「もしかして…ツアー」・アタック術-12.

<<   作成日時 : 2009/01/13 08:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

職業や住む場所は二の次



 このツアーには、いろんな職業の男女が集まってくる。会社員もいれば

自営業もいる。先日は、離島で漁業に従事する男性が参加してくれた。

 肩幅が広くて、たくましい。ジャケット姿がよく似合っていた。陽気で

優しく、都会住まいで変な流行に敏感な男たちより人間味があふれている、

と私の目からはそう見えた。彼をみていると、漁業という職業がすばらしく

思えてくる。彼の働く海に行ってみたくもなった。私と同じ感想を抱いた

女性の参加者もいたようだ。

 よく「わが町に、独身の女性よ来たれ」と呼びかける自治体主催のお見合い

企画がある。たいていは農業や漁業を主産業とした地域。こういった土地の

結婚相手不足は深刻だと聞く。 

 ただ、そういうイベントを目にするたびに気になることがある。女性を地元

に呼び、農業や漁業の現状、結婚後はこんな場所で暮らすんだということを知

ってもらいたい、というのはよく分かる。だが、女性にとっては農業や漁業と

いった「仕事」と結婚する訳じゃない。

 まず、人ありき。

 その男性が好きになれば、おのずと周囲の条件にも魅力を感じるものだ。た

だ、残念ながら女性の中には「農業(漁業)は、ちょっと…」などと職業を聞いた

だけで自分の中から切り捨ててしまう人もいる。だったらなおさら、職業や住

環境は二の次にしておいて、その男性の魅力を前面に押し出すような企画を組

んでもらいたいと思う。

 男性諸君も、地元で誰かを待つより、積極的に出歩いて欲しい。自分のリト

リー以外でも、自分の魅力を発揮できる人間―それが本物だと思う。 (K・M)

yumekiko@jcom.home.ne.jp

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「もしかして…ツアー」・アタック術-12.  出会いの旅あっちこっち「夢紀行倶楽部」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる